2010-02

目次

◆Date:2010年02月
≪ Prev. ALL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統計のお話2

データー解析で使う基礎的な統計学の知識をまとめておきたい思いこの記事を書き始めたわけですが、随分と昔に勉強したことだったので、なんだかいろんな事を忘れています。昔は中心極限定理とかを学んで、それから具体的な応用へ進んだような気がしますが殆ど忘れてしまいました。確か物理実験でデーター処理をする必要に迫られて、平均値の出し方や誤差の評価などを学び、深い理解もないまま応用していった記憶があります。そういった基礎的なことをなるべく分かりやすくまとめたいと思います。なので、基礎的な概念の簡単な説明をして、すぐに平均値の取り方、標準偏差の評価、重み付き平均などの説明をしたいと思います。実用的な事が知りたいだけの人には良い内容じゃないかと思いますが、数学的な厳密さが気になる人は統計学のテキストをまじめに勉強することをお勧めします。


さて、これからガウス分布に始まりガウス分布に終わるというくらい、ガウス分布についての、かなり限定された話をします。理由はいろんな場面でガウス分布が出てくるからです。その典型として、何かの値を測定してデーターから尤もらしい値を引き出すことを考えます。こういった場合、我々が測定しているものには、「真の値」が存在するものと予め仮定されます。そして、測定はその「真の値」を知るための実験だというわけです。「真の値」が存在するのなら何故すぐにその値が分からないのか、それに関しては様々な要因があるでしょうが、普通は測定のための誤差や我々の知識や情報が限られていることによっています。または真の値も何らかの要因で揺らいでいる場合もあり得るでしょう。



全文を表示 »

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。