2013-04

目次

◆Date:2013年04月
≪ Prev. ALL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音響入門シリーズ(日本音響学会編)

日本音響学会編の音響入門シリーズの2冊の紹介です。

音響学入門
「音の物理」は、音を物理的に解説した一冊で,このシリーズの中でもっとも
基礎的な項目を扱った内容。基本的なところで導出が省かれているので、細かい
所まで気になる場合には単振動,連成振動、波動方程式、フーリエ変換(FFT)
くらいを参考書で補う必要がある。音波のエネルギー、反射,屈折などが説明
されており、楽器のメカニズムや音色などに関して学ぶことができる。数式も
それなりにあるので、理学/工学部の学生向け。本の内容はかなりお勧めだが、
付属のCD-ROMは幾つかの動画がはいっているが、特にこれといったものは
ない。

音の物理学
音響学入門は音響学(音波のスペクトル解析等)、音を聞く仕組み(耳の構造
や人間が聞く音の物理的な解釈等)、マイクやスピーカーの音響学、音声の発
話と認識,音楽における音響、騒音や超音波・・・。様々な場面で現れる、音
の物理的なメカニズムを解説した一冊で、とても楽しい一冊。付属のCD-ROM
の内容が充実していて、とても素晴らしい。ブラウザーを使って視聴覚教材を
利用するのだが、CD-ROMの内容だけでも一冊分の価値はあると思えるくらい
良くまとまっている。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。