2017-08

目次

≪ なぜ熱力学は難しいのだろう? ALL 重力レンズ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

最近ブログがはやっているらしい。
とりあえずやってみるか的に登録完了。

ここでは物理をテーマに記事をまとめていく。ポピュラーサイエンス的な理解(≡ポップな理解=PopU)は導入としては良いが、深い理解は式をおってこそ達成されるもの。ポップUは直感的な説明であり非常にわかりやすいのだが、浅い理解にとどまる傾向がある。そんなPopUも実際に数式をいじくりまわした人には新たな感激を生むこともあるだろう。
という事で、PopUは多少入るにしても、基本は地味に数式フォロー!これで行くことにする。
ついてこれない輩は次から次へと脱落推奨。手を差し伸べるのもよし、黙って見過ごすもよし。物理ヲタクのビニールハウスを目指す。管理人以上にヲタクな人はここを温かく天空から見守る神的存在であって欲しい。


内容は大学の物理学科のレベルの力学、電磁気、統計物理、量子力学から場の理論、相対性理論と幅広く。これらの理論体系の基本的な説明もそのうち書くつもりはあるが(2,3年後?)、とりあえずは気になったことをつまみ食い的に記事にしていく。

コメント

わかりました

知床さんへ

時間があるときに対処します。

情報提供有り難うございます。

Re:どうしましょう

>どのくらい見苦しいんでしょうか。
そうですね、まずこのブログはフォントサイズが小さめですよね。
Osaka はヒラギノ角ゴの W3 より太いので、画面で表示した際に漢字が潰れてしまっています。
またアンチエイリアスと相性が悪いようで(旧 Mac OS 用ですし)、太さにムラが出て見えます。
同じく印刷した場合も、太くて読みにくいです。
また Osaka はギリシャ文字の幅が全角1文字分なので、ギリシャ文字を含む数式がガタガタ(?)になっています。

これでは不十分でしょうか。
試しにヒラギノで表示したところ(この作業をページを開く度に行う気にはなれません…)、
レイアウトに問題はないようですよ。むしろ Osaka のままにしておくメリットが見当たりません。

どうしましょう

テンプレートは一般公開されているものを取ってきて、変更は妻にやってもらいました。私よりも妻の方がhtml関係は詳しいのです。とりあえずgoogle検索してみたら、つくった方はフォントが無いことが分かっているが何かの問題を避けるために対処療法的に存在しないフォントを指定した(?)というような記述がありました。なので,変更せずにこのままでいたいと思っています。 見苦しいというのはどのくらい見苦しいんでしょうか。一応私の方ではそれなりに見えているので、相当にひどい場合には何か手を考えると思いますが、このままではダメでしょうか?

訂正

何度もすみません。
先ほどの私のコメントで 、7 行目の「明朝」は「角ゴ」の誤りでした…。
確認が不十分でした、ごめんなさい。m(__)m

CSS について

初めまして、時々拝読しています。
気になったのですが、このブログで使われている CSS
/template/1atom/style.css で、body 要素に
font-family: 'ヒラギノ Pro W3', Osaka, Verdana, Helvetica, Arial, 'MS Pゴシック', sans-serif;
と指定されていますが、"ヒラギノ Pro W3" なんてフォントはありませんよ…。
ヒラギノ 角ゴ Pro W3 を意図されているのでしたら、
font-family: 'ヒラギノ明朝 Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Osaka, ...;
のように書かなければなりません。
現状では Mac のブラウザで見ると Osaka で表示されてかなり見苦しいです。
お時間のある時に修正していただけると嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/1-59365c50

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。