2017-07

目次

≪ 指数関数と複素平面1 ALL 隣の芝生 その4 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水面波の様子

たまには単に図を見て楽しむのもよいだろう。先ずは石を一個水面に落としたときの様子を描いたもの。


次に石を二つ落とし場合の水面の様子。徐々に石の間隔を広げたものを3つ描いた。幼い頃に水面をじっと眺め観察した時の事を思い出すだろう。かなり上手く水面の様子が描けているのではないかと思うのだが、どうだろうか。

suimenha02.gif


suimenha03.gif


suimenha04.gif


水面を良く観察した事がある人ならば、実際に石を落とした場合と少し異なる点に気づくだろう。石を落としただけなら波は広がっていって、石の落下地点には残らない。この図は落下地点も波立っているのだが、数式が面倒になるので手をぬいた。式はsin,cos関数を使った単純な表式なのだが実際に描いてみると物理だという気がしてくるから面白い。昨日水面の様子を撮影したので後々それをアップするつもりだ。見比べるのが楽しみだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/122-7b010b90

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。