2017-08

目次

≪ ミート・スパゲティー ALL 頭数字1の法則 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学史に名前を残した先生:イジング

イジング(Ernst Ising)は1900年5月10日,ドイツのケルンで生まれ1918年にギムナジウムを卒業した。その後第一次世界大戦へと出兵の直前で戦争が終わり幸運にも大学へと進学する事になる。大学では物理と数学を専攻しゲッチンゲン、ボン、ハンブルグと三つの大学で学んだ。 彼は1924年にハンブルグ大学から博士号をもらっている。博士論文の中で彼はスピン相互作用

H = -J ΣI SI SI+1 - ΣI H SI

を持った一次元系の相転移をしらべた。この模型の相構造を調べるというアイディアは指導教官であったレンツ(Whihelm Lenz)によるらしい。イジングは一次元でこのハミルトニアンの相構造を調べた結果、この模型には相転移が存在しないという結論に達した。この結果に物理に対する興味が冷めてしまったのだろうか、イジングはあっさりと研究者の道を離れ教師としての道を歩むのだった。しかし時代はナチズムの台頭期、多くの人生が歪められ又は断絶されたように彼の人生も時代の波に流されてゆく。

1933年ヒットラーが政権を握るとイジング達ユダヤ人は公的な職務から解雇された。しばらく職に就けなかったイジングだが、1934年にはポツダム近くのカプスにてユダヤ人の子供達を集めた学校で教え始める。公的な学校を追われた子供達が集まり学校は次第に大きくなり、1937年イジングは学校長となる。しかし1937年11月10日ユダヤ人追放という合言葉の下に集った民衆によってイジングの校舎は壊されてしまう。民衆の中にはナチズムに洗脳された幼い子供達もいたようだ。教育に身を捧げたイジングにとってはもっとも辛い出来事の一つであったろう。イジングはゲシュタポに捕らえられるがドイツを去ることを条件に開放される。

その後イジング一家はアメリカ移住を目指しルクセンブルグへ向かった。しかし直ぐにルクセンブルグはドイツ軍に占領されアメリカ大使館は閉鎖された。イジング一家の移住の夢は絶たれた。ルクセンブルグではまともな職は得られず生きるために与えられた仕事をこなした。

多くのユダヤ人が命を絶たれた事を考えるとイジング一家は幸運だったのだろう。1994年秋自由が訪れるまでイジング一家は生き延びた。1947年には目的のアメリカ移住が叶えられ、North Dakotaで教職を得る。一年後イリノイ州Bradley大学へと移りそこで教師として定年まで過ごした。長い旅の末にアメリカに安住の地を見出した。98歳の誕生日を迎えたイジングは翌日1998年5月11日に静かに息をひきとる、それはイジングが教育に熱意を注ぎ込んだBradley大学のキャンパスの脇にあるマイホームであった。

現在ではイジングによるスピン鎖の模型はIsing模型と呼ばれ、物質の磁性を調べるもっとも簡単なモデルとして、又は相転移理論の基本的な模型として重要視されている。しかしイジングがこの模型を一次元で解いた当時、相転移が次元に依存するという考えはなかった(2次元では相転移が存在する)。そのためにこの模型は長い間忘れ去られていた。ハイゼンベルグでさえイジング模型によって相転移現象を調べるのは困難であるとして複雑な相互作用を調べていた。1940年代になり2次元イジング模型の相転移構造が調べられ、1994年のオンサガーによる厳密解の導出によってこの模型は一躍相転移現象を説明するモデルのスターになった。現代では相転移を研究する科学者の間ではその名を知らない者はいない。この模型を人々がイジング模型と呼ぶ事に関してイジング本人は次のようなコメントを残している。

「この模型は本来Lenz-Ising模型と呼ばれるべきです。何故なら私の指導教官であったWilhelm Lenzが博士論文でこの模型を調べようといってきたのですから。」

謙虚で誠実、そして少しシャイなイジングの性格が表われている。

ユダヤ人としてナチズムを生き抜いたイジング。校長として滞在したユダヤ人学校では校舎が大衆と子供達によって壊された。1948年から1976年までBradley大学Peoriaにて物理の教授と滞在した。1968年には同大学から名誉博士号、1971年には"Outstanding Teacher of the Year 1971"に選ばれている。ドイツに生まれアメリカにて安住の地を得た教育者イジングは次のような言葉を残している。

「授業は生徒達が少なくとも一回笑ってくれるまでは巧くいかなかった。」  
        エルンスト・イジング(1900-1998)






参考文献
歴史的事実は殆ど次の文献から得た:
S. Kobe 「Erst Ising 1900-1998」, Braz. J. Phys. vol.30 no.4 São Paulo Dec. 2000S. Kobe 「Erst Ising 1900-1998」, Braz. J. Phys. vol.30 no.4 São Paulo Dec. 2000

wikipediaのIsingに関する項目:
Ising Model
Ernst Ising
コロラド大学のページから:
http://ece-www.colorado.edu/~ecen4831/hoplecs/ising_digr.html

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/169-87739934

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。