2017-10

目次

≪ 数値積分のテクニック ALL 数値計算のテクニック 解答 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数値計算のテクニック 続き

前回数値積分のテクニックとして被積分関数から特異性、又はみかけの特異性を消去して振る舞いの良い積分を得る方法を示しました。その後残った問題として

A2 = ∫π~∞ sin(x)/x dx

を精度良く計算する方法について説明予定でしたが、仕事疲れで記事を書くのが面倒になってきました。そこでこれは数少ない読者への問題として残しておこうと思います。つまり

A2を高精度(例えば6桁の精度)で求める方法を開発せよ。因みにA2の値は

A2 = -0.28114072518....

でした。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/233-dad998de

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。