2017-05

目次

≪ 最近の読書 ALL 近頃 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK プロフェッショナル 宮崎駿

妻がNHKプロフェッショナルを録画しておいたくれたので二人で見ることに。今回は映画監督の宮崎駿、もう知らない人はいない日本の、いや世界のトップといってもよいだろうアニメ界の巨匠。予想したとおりにドキュメンタリーとしては今一突っ込みきれていないと思う。しかしこれはある程度仕方ないというか、仕事中の宮崎駿にカメラを向けること自体勇気の要る作業であると思う。撮影中、宮崎駿に

「もう、カメラ回すのやめなよ」

と言われて、その日はあっさり取材が終わってしまう。仕事中の宮崎の出すオーラーは怖い。言葉はやさしくても、これ以上カメラ回すと「俺は本気で怒るぞ」というような凄みが伝わってくるのである。それはカメラを通してみた視聴者ですらそうだから、本人を目の前にして取材しているディレクターがカメラを置いたのも仕方ないと思えてくるのだ。今回の取材はディレクターが一人でハンディー・カメラを片手にならということでOKが出たものらしい。そういった訳でドキュメンタリーとしては非常に難しい。ある意味取材する側とされる側の戦いでもある。

いくつか記憶に残る言葉があったが、その一つに

「理想をもった現実主義」

というものがある。映画を作るという作業はビジネスである。締め切りが設定されれば、巨匠宮崎といえどその期限は守らなければならない。いつまでも理想を言っているわけにはいかない。しかし理想を忘れた現実主義者にはなりたくないと言うわけだ。これが本当に66歳の人なのか? と思えるほどすごいバイタリティーを持った人だ。

最後の方にはスタジオで司会を務める茂木健一郎と住吉美紀さんが直接宮崎駿にインタビューをするのだがこれが酷い。この二人は全くどういうつもりでインタビューしているんだと思えた。宮崎駿に向かい

「宮崎さんは映画監督として既に名声や地位を持った人なのに、なぜ映画を作り続けるのですか?」

というような内容の質問をする。本当にこいつはそんなつまらない質問をするために宮崎駿の貴重な時間を使っているのだろうか。この人の仕事を見て、ディレクターが取ってきた映像をみて、それでもそんなつまらない疑問がわくのだろうか。地位や名声のために映画を作る人に見えるのだろうか。これは宮崎駿を馬鹿にしているとも思われても仕方がないインタビューだったと思う。NHKももう少し考えて欲しいな・・・と呟いてしまった。

そういった様々な不満はあったが、なんと言っても宮崎駿というだけで番組はある程度面白くなる。不思議でもなんでもなく、彼が出るだけで視聴者をわくわくさせる物が確かにそこにはある。何気なくても彼の発する一言一言が哲学を帯びてくるから不思議だ。何かで成功する人というのはその事に留まらず人生に哲学を持っているということだろう。凄い人が作る凄い映画。もうこれは凄いに決まっているでしょう。次回作が楽しみだ。


コメント

残念ながら

残念ながら録画はもっていません。 口うるさく聞こえるかもしれませんが、TV番組などの録画の他人との共有などに敏感に反応する人もいますから、こういうお願いはあまり書かない方が無難だと思いますよ。 

話は変わりますが、探しものがある場合にはグーグル検索など使ってみるとよいですよ。 

「プロフェショナル宮崎駿」の録画に関して

もし録画したものが残っているようでしたら、コピーさせていただけないでしょうか。突然のメールですみませんが、連絡をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/289-b64da791

あなたをずっとずっとあいしてる (絵本の時

感動しました。人が育っていくのに母親の愛が大切であることを感じさせてくれます。また子供にあらためて愛情をもって接しなければ、という思いを強くしました。母親だったら涙なくしては読めないでしょう。子供たちにも読み聞かせましたが、皆それぞれの心に何かを感じてく

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。