2017-07

目次

≪ WKBJ 1 ALL シュレディンガー方程式の数値解 その1 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WKBJ  2

所謂WKB近似と呼ばれる方法は、最近ではWKBJということもあるようです。そもそもこの名前は、これを開発したとされるWentzel,Kramers,Brillouinの名前からきており、これに数学者で微分方程式に対応した近似方法を先駆けて発展させていたJeffreysが加わり、WKBJとなったようです。何故かアルファベットの順番がいろいろと変わったバージョンがあるようで、普通ならBKJWとすべきなのでしょう。

最近、この方法を改めて勉強しなおしてみて、以前に比べるといろいろと理解が深まったように感じるのでシリーズ記事にしてみたいと思います。量子力学のWKBJ近似を始める前に、少し一般的な漸近展開の方法に触れておきたいと思います。ということでそれが次回の予定。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/313-d6240896

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。