2017-06

目次

≪ 直感と論理のはざまで 4 ALL 直感と論理のはざまで 5 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスマティカでデーター処理(解答例)

解答例です。もっとシンプルに書いた人は、コメントください。

例えば大阪市の家族情報として、三家族のデーターがリスト化されているとしましょう。

20071129185724.gif

20071129185731.gif

20071129185739.gif


このデーターが一つのリストに纏められたのが以下のOsakaFamilyDataです。
20071129185745.gif


これらのデーターに作用する関数として

OlderQ[x_, toshi_] := (Part[x, 2] > toshi);
TeinenInFamilyQ = Or @@ (OlderQ[#, 60] & /@ Drop[#, 1]) &;
PickTeinenInFamily = Flatten[{Part[#, 1], If[(res = Select[Drop[#, 1], OlderQ[#, 60] &]) =!= {}, res, {None}]}, 1] &;

が私の解答例です。マスマティカで関数を作る時には、関数というより、演算子として見たほうが分かりやすいと思うので、私は純関数を使った定義を好みます。

TeinenQの使用例:
20071129185753.gif

結果は{kato, miyabe}を返します。

PickTeinenInFamilyの使用例:
20071129185807.gif

結果はこの場合
----------------------------
Tanaka None

Kato haha
          80

miyabe tichi mama
          61        68
-----------------------------
を返します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/342-ee500349

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。