2017-07

目次

≪ 「統計力学1」 田崎晴明著 (培風館) ALL 君と歩いた道 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚の一冊 「変身」 東野圭吾

連休は家族旅行へ出かけました。 移動の間に読める本として、妻の本棚から東野圭吾の「変身」を旅行カバンへ詰込んで出発。 私は本を読むのが遅いのですが、妻が「へぇ、今回は速いねー」と驚く程のスピードで読み進んでしまいました(大して速くないですが、私の通常スピードと比べてという意味で)。

ネタばれはないようにあまり詳細は書きませんが、なんだか読み初めからエンディングが大体見えてしまう内容でした。 内容が読めても面白いので興味のある方は是非書店で手にとってみてください。10分程立ち読みすれば、好みに合うかどうかの判断もつくと思います。妻は「これは怖い本だった」と言いますが、私は怖いという感覚よりは哀しいの方が強く泣けてしまいました。 涙こそは流しませんでしたが、心が泣いてしまいました。 映画されているので、そちらの方を見ている方も多いかもしれませんが、私はまだ映画は見てません。 本を先に読んだので映画はどういう評価になるのか・・・。

最近更新が滞っており、広告が掲載されることが多くなってきました。 いけませんね・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/460-32ef2398

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。