2017-05

目次

≪ 映画「東京島」 ALL 映画「ゴールデンスランバー」 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「レポゼッション・メン」

レポゼッション・メン、近未来の恐ろしいお話。
機械臓器を大量に作り出す技術が確立し、臓器を貸し出す会社ユニオン。
支払いが困難な人々に月払いで臓器を貸し出し利益を上げる会社であるが、
3ヶ月支払いが滞るとユニオン専属の回収男,レポゼッション・メンが臓器を
回収にくる。彼らの回収業は法的にも正当化されており、回収の前には、回
収後に救急車を呼ぶかどうかの意思確認の書類を読み上げる。とはいっても
臓器を回収された人は大抵死んでしまう。

とまあ、そんな話なんだが、映像がとても痛いので私的には×。
これ以上感想を書くのも疲れる。一応最後まで観ましたよ。でも
本当に暗くなる。心臓の弱い人は見てはいけない。

ふう、ため息一発。

れぽーとまん

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/528-f121d0c8

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。