2017-05

目次

≪ 映画「レポゼッション・メン」 ALL 半減期 その1 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゴールデンスランバー」

goldenslumber.jpeg

伊坂幸太郎の小説を映画化した本作品、撮影が仙台で行われているので、
仙台出身の方は別な楽しみ方も可能だろう。内容は、至ってシンプル。
堺雅人演じる青柳は、久しぶりに再会する友人に会うため待ち合わせの場所
にいた。近くでは首相の凱旋パレードが行われているのだが、再会した友人
の様子がおかしい。「お前、オズワルドにされるぞ」・・・友人の口からでた
言葉に青柳は動揺。しかし、時既に遅し。首相の車は爆発され警察は青柳
を首相暗殺計画の犯人として指名手配する。
あとは、逃げる、逃げる、逃げる。警察は次々と青柳の犯行を裏付ける証拠
を手に入れる。全ての出来事が、あまりにも都合良く青柳犯行説を裏付ける。
「君が犯人なのはわかっている」と言う警察に「やってません」と強く主張
するが、「イメージだ」と切り返される絶望の瞬間。
誰も信じてくれない孤独・・・。スピーディーな展開でドキドキ、ハラハラ。
オズワルドにされた青柳は真実を証明できるのか? 
彼を取り巻く個性豊かなキャラクターが見もの。映画中に流れる音楽はビートルズ。
仙台市内を駆け巡る青柳をサポートする大学時代の仲間達。あー、なんて
タイミングでGolden Slumbersが流れるんだ!涙で映画がみれねーじぇねえかあ、
僕はそう呟いた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/530-3b639d49

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。