2017-03

目次

≪ はじめてであうすうがくの絵本 ALL 数式をつかわない 物理学入門 アインシュタイン以後の自然探検 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの「世界でもっとも美しい10の科学実験」

mouhitotunosekaidemottomoutukushii.jpeg

もうひとつの「世界でもっとも美しい10の科学実験」
ジョージ・ジョンソン著(吉田三知世・訳)日系BP社

取り上げられた実験は下のような話題で,理科のテキストで
目にしたことがあるものが多い。パブロフの犬はどうだった
ろうか。 タイトルに「もうひとつの」の修飾語がつかない
ものがあり、こちらはその続編という感じだろう。

・ガリレオ 落体の法則
・ハーヴィ 血液の循環
・ニュートン 光の分解・合成
・ラヴォアジエ 酸素と燃焼
・ガルヴァー二 動物電気
・ファラデー 電磁気
・ジュール 仕事と熱
・マイケルソン 光波の干渉
・パブロフ 条件反射
・ミリカン 油滴の実験

実験についてあっさりと書かれていて、詳細などには殆ど
ふれられていない。当時の様子や、実験の科学史に与えた
意義などについての記述の方が多い気がする。
一週間程度の出張があり、移動時間や寝る前にの読書として
読んだのだが、とても快適に読めた。軽い内容だけどとても
良い本だと思う。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/576-7b258504

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。