2017-10

目次

≪ かたち 自然が創り出す美しいパターン 早川書房 フィリップ・ボール著 ALL なるほど 熱力学 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結晶とはなにか 平山令明著 ブルーバックス

結晶とはなにか

タイトル通り、「結晶とはなんぞや」を理解するための一冊。
第一章「結晶とはなにか」は、原子の共有結合やイオン結合から分子
が出来て、それらが固体,気体,液体などの性質にどのように反映さ
れるのかを説明した章。これは非常に良い導入になっていて、高校
などで扱う化学の内容の復習にもなる。

第2章が、結晶のもつ対称性を1次元と2次元の簡単化された場合を
扱う。結晶のもつ対称性をかなり細かく説明しようとしていて、な
んとか読み終えたものの,消化不良に陥った。伝えたいメッセージ
は、幾つか読み取れるが、結晶群の分類をかなり真面目(但し数式
は殆どなく)に扱っているので、かなり高度に感じられる。やはり
数式あった方が自然なんじゃない?と呟きシロー。
残り、3、4、5章とあるが、ここらで休むとしようかな。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/607-dc6ea4ef

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。