2017-05

目次

≪ 映画「俺はまだ本気だしてないだけ」 ALL 熱力学入門 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き物たちのエレガントな数学 

知りたいサイエンス生き物たちのエレガントな数学

技術評論社から出ている知りたいサイエンス・シリーズの中に
「生き物たちのエレガントな数学 (上村文隆著)」というものが
あったので、面白そうだなと思い旅行の合間に読んでみた。

難しい数式は使わずに,生物の形に潜む方程式を説き明かして
くれる。ハチの巣がなぜ6角形なのか、植物の葉や松ぼっくり
の形にどういったルールが存在して、何故そのルールが適用さ
れたのか。とても不思議でわくわくするクイズである。誰もが
納得する正解があるのか、はたまた偶然の産物なのか、進化論
のお出ましなのか。

数学が好きな高校生が読むのに丁度良い内容だと思う。先生と
男の子,女の子の三人による対話形式なので読みやすい。スケ
ーリングの議論、人口成長、怠けアリの話なんかも入っていて、
話題は多い。以前紹介した「かたち 自然が創り出す美しいパ
ターン(フィリップ・ボール著)」と内容は重複するが、今回
の「生き物たちのエレガントな数学」の方が分量も内容も格段に
読みやすく、一般向けの書籍としては、こちらの方が断然お勧め。
私的には、分数の正多角形の話題なんかが楽しかった。ハチの巣
については、まだまだ納得できていない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/609-7fc82e28

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。