2017-08

目次

≪ 熱力学入門 ALL 生物の形バイオメカニクス ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガでわかる 構造力学/材料力学

マンガ構造力学

マンガ材料力学

2冊とも、「マンガでわかる」という修飾語つきの本である。
一冊は材料力学、もう一冊は構造力学となっている。材料力学
と構造力学の違いは何だろうか?構造力学と材料力学の教科書
を開いてみても、基本的な部分は全く同じことが書いてある。
明確な区別などないのかも知れないが、私の持っているイメー
ジだと、材料力学は材料について考えるもので、構造力学はそ
の材料を使って構造物を作ることに関する力学である。

しかしながら、材料としてコンクリート・ブロックや鉄パイプ
などを考えると、それらを作っている物質の性質だけでは決ま
らない、ブロックやパイプの形が材料の強度に関係してくる。
よって材料力学であっても、形の科学=構造についても知って
いる必要があるし、建築物をつくるにしても構造だけではなく、
材質の詳細をしらないと構造物強度などを決めることができな
いだろう。つまり、基礎的な部分では材料力学も構造力学も同
じような知識を必要とする。


「マンガでわかる構造力学」と「マンガでわかる材料力学」、ど
ちらもマンガというコニュニケーション手段を使ってはいるが、
数式があり、極基本的な事項に絞って説明されている。どちら
を読んでも一次モーメント、二次モーメント、断面係数について
理解できるし、それらだけに的を絞って解説しているので、分か
りやすい。勿論マンガとしての面白さも兼ね備えている。材料力
学や構造力学の初歩でつまずいたという人にはお勧めである。

でも、数式もしっかり有るし、マンガだからといってスラスラ
と読めるものではないだろう。時に、本を閉じて、じっくりと
考える、多少の努力は必須だろう。だから、当然
「マンガ=苦もなく分かる」ではない。でも、読みやすいという
ことも事実だろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/611-092e3d2c

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。