2017-08

目次

≪ 見える!使える!化学熱力学入門 ALL 「情報数学のはなし」 大村平著(日科技連出版社) ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックスウェルの悪魔 都築卓司著 (ブルーバックス)



ブルーバックスからでていた「マックスウェルの悪魔」都築卓司著
が新装版となって出ていた。マックスウェルの悪魔は熱力学第二法
則「エントロピー増大則」に関する話題として有名である。エネル
ギーを使うことなく気体分子の出し入れによって(自由)エネルギ
ーを生み出す架空の知能、それがマックスウェルの悪魔。マックス
ウェルの悪魔がいれば、エネルギー問題が即座に解決してしまうか
もしれない。コップに入った水が自然に熱くなって、美味しいお茶
が飲めるとか、道路を歩く人々の靴底から、摩擦熱を集めて「摩擦
熱発電」を実現するとか。そのた様々な利用が考えられる。そうい
ったマックスウェルの悪魔に関する話題を、とても分かりやすく解
説したのがこの本である。熱力学という、とても難しい内容を高校
生でも、読めるかな!?というレベルで纏めてある。サイエンスが
好きな人々全てにお勧めの1冊。


maxwellnoakumamanga.jpeg

「マックスウェルの悪魔」の表紙カバーによると都築卓司の書いた
著書は累計300万部以上も売れているらしい。科学の分野でこれ
だけ売れるのは本当すごい。一般の人にも分かりやすく、そしてと
ても興味深い話が多いということだろう。先日書店で、「マックス
ウェルの悪魔」のタイトルを見つけて開いてみたのが上の漫画。
都築卓司による同タイトルを漫画化したものらしい。といっても、
一部だけを漫画にしたものだが、860円もする。立ち読みして
みたが「えっ,終わり?」という感じで少々がっかり。こういう
企画自体はとても良いことだと思うけど,もう少し内容の濃い本を
出版してほしいなあ・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/617-4aedc5dc

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。