2017-11

目次

≪ エントロピーのおはなし ALL 1冊でわかる 暗号理論 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱学思想の史的展開1 熱とエントロピー

熱学思想の史的展開1
熱学思想の史的展開1 熱とエントロピー
山本義隆 著 (ちくま学芸文庫)

熱力学に興味を持った人は、何れこの書を手に取るであろう・・・

そんな、台詞が似合う一冊だと思う。オリジナルは現代数学社
から出ていたものだが、筑摩書房から文庫本の改訂版として出
たものである。タイトルには改訂とは書かれていないが,著者
の前書きに加筆や訂正を加えてあると記されている。

この文庫本は三巻に分けられていて、1巻はガリレオの温度計
の発明から始まりアリストテレスの自然哲学へと進み、機械
論的な自然感を取り上げる。そしてボイル、フック,ニュート
ンと進み、熱の正体をめぐる18世紀の科学を眺める。そし
て18世紀末に熱力学への道を開いたのは、ブラックによる
『熱』と『温度』の区別であったことが述べられる。このこ
とによって、熱容量が定義され、定量的な科学としての熱学
の発展が可能になったことが語られる。熱量が正しく認識さ
れると、次第に『熱量保存則』,『熱物質論』と(誤った理解
へと)発展してゆくわけだが、それらは二巻で本格的に語ら
れる。

第一巻だけでも、かなりの参考文献がある。淡々と熱をめぐ
る歴史が述べられてゆくが、要所では数式を使った解説や歴
史的な意義を含めて、著者の考え方が述べられていて勉強に
なる。出来上がった熱力学について語るのではなく、それが
生み出されるまでの幾多の紆余曲折を省略することなく追っ
てゆくスタイルで書かれている。熱力学を一度勉強したあと
に、なぜ熱力学は(一見)こうもつかみ所がない体系となっ
たのか疑問に思い,その辺りをじっくりと勉強してみたい人
には打って付けの一冊だと思う。物理学史の専門家ではなく
物理学者が書いたことによって、熱力学に興味を持つ読者
の欲求も十分に満足させてくれる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/624-93af947e

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。