2017-04

目次

≪ チューリングの計算理論入門 ALL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確率と統計−情報学への架橋−

確率と統計情報学への架橋

「確率と統計−情報学への架橋−」渡辺澄夫, 村田昇 共著(コロナ社)

かなりコンパクトに纏まっていて説明も分かりやすく良いと思った。
確率変数の変換や、積分による確率変数の消去など、デルタ関数を
使って説明してあったりと多少テクニカルにはなるがスッキリと
まとめてあって個人的には好み。だが、初心者向けではないことは
確かだ。私が知らないだけかもしれないが、カルバック−ライブラ
ーの情報量なども、初めてその有用性が分かった。統計的推定に関
しても不偏性などの説明もしっかりと書いてある。薄いが色々と詰
まった一冊。ただし,癖があると言われる部類かもしれない。

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://letsphysics.blog17.fc2.com/tb.php/630-e932828c

«  | HOME |  »

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

アトム 

アトム 

趣味   近所散策と物理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。